・薬の効果や安全性の確認のため、一般の治療に比べて、来院回数や検査が多いことがあります。

・予測しない副作用がみられる可能性があります。

・治療期間中は、市販の薬を使う場合でも、治験担当医師に相談していただいたり、
安全性のために様々な協力をお願いすることがあります。
治験に参加すると、どんなデメリットがありますか?